神奈川県

「箱根湯本温泉 ホテルおくゆもと」の宿泊しての感想。春は大島桜が堪能でき大満足。食事、大浴場がGood!コスパ良いぞ!

「箱根湯本温泉 ホテルおくゆもと」に宿泊しました。その感想を紹介します。

ホテルおくゆもとの外観

楽天トラベルで「ホテルおくゆもと」の「【2021アワード受賞記念】★連続受賞★特別記念プラン★大感謝の5大特典!人気の海鮮しゃぶしゃぶ付」のプランで宿泊予約をしました。
部屋のタイプは「【禁煙・和洋室】和室8畳+ツインベット 温泉内風呂・トイレ付」です。

時期は 2022年の3月下旬。4人1部屋(夫婦と大学生の息子2人)で、料金が 6.3万円程度。一人あたり1.6万円(一泊 夕食・朝食付き)ほどでした。

ほぼ大人4人のグループでもあり、ある程度のランクの宿泊施設に泊まりたいという思いがありました。
この一人1.6万円という価格で満足できるところに食事つきで宿泊できるのかが心配でした。

一人2.0万円程度の別のホテル・旅館に変えようか・・と何度考えたことか・・。
口コミを読めば妙に満足度が高かったかのような投稿や、排水が悪いなどのネガティブな投稿もあり非常に悩みました。
しかし、どこに変えたところで宿泊したことのない場所でもあり、不安の解消にはならないことから「ホテルおくゆもと」に宿泊することにしました。

細かな紹介は後述するとして、先に良かったところと気になったところを紹介します。

紹介する情報は全て2022年3月現在の内容です。状況により変化していくため最新情報についてはホテルにご確認ください。

「箱根湯本温泉 ホテルおくゆもと」の良かったところ、気になった点

良かったところは以下の内容です。

  • ロビーに入った瞬間に目に入った満開の大島桜が美しかった
  • 満足度の高かった夕食。食べ放題のステーキ、天ぷら、プランに付く海鮮しゃぶしゃぶも全て、想像していたものよりも美味しかった
  • レストラン「山里」の雰囲気もよかった
  • ベッドルーム+8畳和室でほどよい部屋の広さ
  • 部屋の窓からも大島桜が見え、花見を堪能できた
  • 男性用の露天風呂「滝観の湯」、大浴場ともに景色がよく気持ちがよかった
  • 親しみを感じられるスタッフさん達でした
  • 楽天の特典がよかった(夕食時のワンドリンク、卓球30分、女性への色浴衣など)
  • ロビーのフリードリンクがよかった(コーヒーなど)

正直、不安感やあまり期待していなかったところからのスタートでしたので、かなり満足度が高く感じました。
逆に、このようなレビュー・感想・口コミをみて期待して現地に向かうと、がっかり感があるかもしれません。

気になった点についてもしっかり書いておきます。

  • 室内のトイレの雰囲気がいまひとつ(照明の問題?)
  • 室内でホコリなどが目に付く箇所あり
  • 和室の常夜灯、ベッドルームのフットライトが点灯しない
  • 洗面所の排水がいまひとつ(しばらく水が溜まっている)
  • 室内風呂も温泉ですが、見た目に難があり使いませんでした(大浴場もありますし)
  • チェックアウトの日には洗面所の電灯が点かなくなった
  • バスタオルを広げて干す場所が欲しかった

館内は一部リニューアルもされているようですが、根本的な古さや若干のツメの甘さは見られます。
水回りの古さ、照明・清掃まわりの甘さが目に付きました。

気になる人は気になってしまい、クレームをつけたくなるかもしれません。

しかし、総じて満足度は高く、若いファミリーや、リーズナブルな宿でよい、という層のお客様にはオススメできます。
逆に、ホテル という存在に完璧さや格式を求める方や少し神経質な方にはおすすめできません。

私もどちらかというと神経質な方ですが、細かな部分は大丈夫でした。そして、トータルで満足度が高かったため「箱根湯本温泉 ホテルおくゆもと」に宿泊してよかった、と思いました。
特に3月後半の桜の時期はオススメです。桜がとてもキレイです!

写真で紹介!「箱根湯本温泉 ホテルおくゆもと」ってどんな感じだったの?

ホテル外観など

ホテル外観、ロビー、露天風呂などの雰囲気を紹介します。

「ホテルおくゆもと」は箱根湯本の駅や観光の中心となる部分から少し離れた場所にあります。ゆえに、周辺も含めて落ち着いた雰囲気が特徴です。

ホテルおくゆもと 外観

ホテルおくゆもとのエントランスは7Fです。谷(崖)に向かって下側にフロアが展開される構造でした。

ホテルおくゆもとの外観

ホテルおくゆもとの外観。実は見えているエントランス部分は7階。谷を利用して下側に客室フロアが続きます。

今回はレンタカーで訪問。エントランスに車で乗り付けると係の方が車を駐車場に移動してくれます。

ホテルおくゆもとのエントランス

「ホテルおくゆもと」のエントランス

ホテルおくゆもと ロビー

ホテルのロビーはキレイでした。

ホテルおくゆもとのロビー

ロビーの奥からみたフロント。

ホテルロビーから見える大島桜。この風景は圧巻でした。

ホテルおくゆもとのロビーからながめる桜

この大島桜がよかった!

また、ロビーにはフリードリンクのマシンが設置されていました。いつでもコーヒー、抹茶オレ、お茶が楽しめます。

ホテルおくゆもとのロビーのソフトドリンク

ロビーのドリンクマシン。

色浴衣の貸し出しも行っています。(500円+税) 今回のブランでは女性は無料で借りられました。

ホテルおくゆもとの貸し出し用色浴衣

部屋までは女性の方がエスコートしてくださいました。

ホテルおくゆもと 大浴場・露天風呂

箱根宿泊のポイントになる温泉。
「ホテルおくゆもと」の大浴場は1Fにあります。

ホテルおくゆもと大浴場入り口

1Fの大浴場入り口

入り口には貴重品ボックスもあり、部屋の鍵、スマホなどをボックスに入れることができます。(ボックスの鍵は身に着けて入浴可能なタイプ)

スリッパの履き違いの防止の札が用意されていました。また、脱衣かごの目印などもありトラブルが回避できる工夫がなされている印象でした。

大浴場は広く、非常に印象がよかったです。普通の温度、熱めのふろ、水風呂、サウナ(行ったときは使えず)があります。
男性側の露天風呂はとても解放的で、滝(川の落差)を眺めながらお湯を楽しめます。

ホテルおくゆもとの露天風呂

男性側露天風呂「滝観の湯」。非常に眺めがよく満足。(他に人がいない時に撮影)

女性側は岩風呂・檜桶風呂・陶器風呂の3つのお風呂が楽しめるそうです。のぞき見防止なのでしょうか、あまり見晴らしはよくなかったとのことです。
また、男性・女性のお風呂の入れ替えはありません。

お湯は自家源泉かけ流しとのことです。

室内について

宿泊した室内について紹介します。

今回宿泊した部屋は6Fの601号室。「すくも亭(和モダン客室)」、「せせらぎ亭(デザイナーズ和洋室)」、「庭園露天風呂付客室 四季亭」のような名前のつかない「【禁煙・和洋室】和室8畳+ツインベット 温泉内風呂・トイレ付」のお部屋です。○○亭の客室と比較してお部屋のレベルが低いと考えられます。

ホテルおくゆもとのフロアマップ

「ホテルおくゆもと」のフロア

部屋の入り口は昔ながらのホテルのイメージです。(カードキーではありません)

601号室の最大の魅力はホテルのロビーからも見えた大島桜が窓から見えるところです。

ホテルおくゆもとの室内から見る桜

部屋の窓から見える満開の桜!

桜のシーズンでない時期に宿泊した場合には少し寂しい景色かもしれません。

2台のシモンズベッドにプラスして8畳の和室、窓側の広縁という構成。大人4人でも十分リラックスできる広さでした。

ホテルおくゆもとのベッドルーム

ベッド。

ホテルおくゆもとの菓子、お水

まんじゅう、ミネラルウォーターが人数分無料で置かれていました。

ホテルおくゆもとの室内のTVなど

TVはREGZA 32A900S(2009年12月発売のモデル)。

ホテルおくゆもとの室内広縁

広縁でもくつろぐことができます。

ドリップパックのコーヒー(UCC)、緑茶、カップ、湯沸かし器、加湿器も設置されています。

ホテルおくゆもとの室内お茶など

備え付けのコーヒー、お茶 など。(机にあったものを移動しました)

ボックスサイズの冷蔵庫も設置されおり、飲み物などを冷やしておくことができます。

室内に設置されている冷蔵庫

飲み物は自分たちで入れたモノです。

大浴場・露天風呂に行く際には、浴衣、足袋、バスタオル、フェイスタオル、小物入れの利用が可能です。

ホテルおくゆもとのゆかた等

個人的には足袋が嬉しかったです。(他のホテル、旅館などでもよくあるサービスなのでしょうか?私は初体験でした)

ホテルおくゆもとの足袋

足袋も用意されている。

タオル類については、フロントに電話すれば追加でスタッフさんが運んでくれます。
大浴場で使ったら、使用済みタオルのボックスに返却してしまい、新しいタオルは電話でお願いしておくというのがスマートかもしれません。(室内で干したりすると、見た目的にも生活感が出てしまうので)

洗面所は可も不可もなく、可というところでしょうか。
チェックアウトの日には蛍光灯がきれたのは残念ではありましたが、どこかで寿命がくるものなので気にしませんでした。
(フロントに連絡すればよいのですが、面倒でしたのでそのままにしました)

洗面の排水については流れるまでに少し時間がかかりますが、許容範囲内でした。

ホテルおくゆもとの室内洗面台アメニティ類も一式揃っており、問題ありません。当然ですがドライヤーも用意されています。

個人的には歯磨き粉(デンタルペースト)が不明なブランドのモノではなく サンスターの G・U・M だったのが好印象でした。
また、男性用の化粧品はLucido(ルシード)のローション・ヘアトニックが、女性用は POLA ESTHE ROYER の化粧水・乳液 などがおかれていました。

トイレ内は照明の雰囲気が気になりました。消臭スプレーがある点はよかったです。

ホテルおくゆもとのお手洗いトイレに座って気になったのは、ドア部分のスリットにたまっていたホコリ。

ホテルおくゆもとの室内ホコリお掃除される方は座らないので気づきにくいのかもしれません。(掃除すれば済むだけですので、次回には改善されていると思います)

そして、こちらが内風呂です。内風呂にも温泉が使われているそうです。

ホテルおくゆもとの内風呂まどから桜をみながらつかる事ができます。
しかし、大浴場、露天風呂があることから使いませんでした。

内風呂上部には何かのスリットをガムテープか何かで封をしているようでした。

ホテルおくゆもとの内風呂のガムテープ

気になるポイントではありますが、内風呂は使わなかったため問題ありません。

他にも、ベッドルームのフットライトが点かない、和室の照明の常夜灯が点かない、冷蔵庫と和室との間にホコリのかぶった何かキャップが落ちていたなどもう少しでもっと良くなるところはありました。(これらもメンテナンスだけの問題ですので、次回は改善されると考えます)

このように細かな気づきはありましたが、部屋からも桜が見え、十分なスペースがあったことから全体的には問題はなくステイを楽しむことができました

食事について

客室料理ではなく、ホテルの宴会場またはレストランでのゴチャゴチャしたバイキングを想像していました。

ファミリーの子どもたちによる声は若干あるものの、「お食事処 山里」は非常に雰囲気もよく、食事を楽しむことができました。

今回は楽天で申し込んだ「【2021アワード受賞記念】★連続受賞★特別記念プラン★大感謝の5大特典!人気の海鮮しゃぶしゃぶ付」のプランによる食事です。通常の食事にプラスして海鮮しゃぶしゃぶが付きます。(これがよかった!)

ホテルおくゆもと朝食会場の山里

「山里」の入り口。(写真は朝食時のもの)

ホテルおくゆもと夕食会場の山里

「山里」の内部。左側がオープンキッチン。

夕食(海鮮しゃぶしゃぶ付)

夕食は「季節の和食膳セット+アツアツのステーキ&天ぷら(おかわり自由、お好みでお好きなものを自由にお召上がり下さい)+お好みビュッフェ」です。

季節の和食膳セット
ホテルおくゆもとの夕食

夕食の初期状態のセット。左上が海鮮しゃぶしゃぶ用の鍋です。

ホテルおくゆもと 夕食 お刺身など

お刺身も美味しかった。鯛、まぐろ、太刀魚、甘えび。

ホテルおくゆもと夕食の金目鯛の揚煮

金目鯛の揚煮。(おいしいです)

ご飯、お味噌汁、お漬物も美味しいので是非食べてみてください。

海鮮しゃぶしゃぶ
ホテルおくゆもとの夕食海鮮しゃぶしゃぶの具材

そして、海鮮しゃぶしゃぶの具材。金目鯛、鯛、まぐろです。(おいしかった)

アツアツのステーキ&天ぷら

天ぷらとステーキについては、↓こちらのメニューから選んで注文します。

ホテルおくゆもとの天ぷら、ステーキのお品書き。

ホテルおくゆもとの天ぷら、ステーキのお品書き。

注文は↓このような伝票に数量を記入し、呼び鈴でスタッフさんに来ていただいて、伝票を渡すシステムです。

ホテルおくゆもとの天ぷら、ステーキの注文伝票

注文はこの伝票に書き込みます

しばらくするとオープンキッチンで調理された天ぷら、ステーキが届きます。

天ぷらはオーダーから約7分で到着しました。

ホテルおくゆもと夕食の天ぷら

海老、しし唐などの天ぷら。

ステーキはオーダーから約15分で届きました。(混雑状況で時間は変わるかと存じます)

ホテルおくゆもと夕食の牛肉ステーキ

牛肉のステーキ。ステーキらしい味わいが楽します。焼き加減も調整できるそうです。

ホテルおくゆもと夕食の箱根山麓豚ステーキ

箱根山麓豚のステーキです。脂身の甘さと柔らかさが特徴のご当地豚。

お好みビュッフェ

デザート、フルーツ、冷水、お茶、コーヒーは自分で取ってくることができます。

ホテルおくゆもと夕食のデザート

写真はデザートの一部。この他にもアイス、フルーツがあります。

デザートには雪見だいふく(の小さいの)やPinoなどもあり、非常に楽しめます!(好きなだけ食べることができます!)

いつい食べ過ぎてしまいました・・・。

朝食

朝食は和洋食膳スタイルでした。

ホテルおくゆもと朝食会場の山里

席によっては桜を眺めながらの食事も可能です。

鯵の干物、オムレツ、サラダ、鈴廣のかまぼこなどの珍味、ごはん、味噌汁がセットされていました。

ホテルおくゆもとの朝食

朝食の和洋食膳。

フレンチトーストとクロワッサンはお替り自由です。スタッフさんにオーダーします。

ホテルおくゆもとの朝食フレンチトースト

こちらがフレンチトースト

フレンチトーストのパンはスライスしたバゲットが使われているようでした。てごろなサイズでおいしくいただきました。

ホテルおくゆもとの朝食フレンチトースト調理風景

フレンチトーストはオープンキッチンで調理され、運ばれます。

また、クロワッサンもその場で焼き上げているようでした。

小皿類をフリーで取ることができます。

ホテルおくゆもとの朝食のフルーツなど

フルーツ、ヨーグルト、温泉玉子、しらすおろし、納豆も自由に取ることができます。

朝食時には、コーヒー類の他、牛乳、オレンジジュースもいただくことができます。

ホテルおくゆもとの朝食のソフトドリンク

ドリンク類

個人的には、ウインナー、ベーコンといったお肉類も欲しかったです。
また定番の味付け海苔もあった方が気分が出たと思います。

総じて美味しいお料理で満足度は高い印象です。

その他の情報

卓球会場

今回申し込んだ「【2021アワード受賞記念】★連続受賞★特別記念プラン★大感謝の5大特典!人気の海鮮しゃぶしゃぶ付」では、卓球30分というのも特典として用意されていました。

温泉で卓球というと、独特のイメージ(ビジュアル)がありますが、おくゆもとは少し違います。

宴会場に卓球台を設置!!

ホテルおくゆもとの卓球場

しっかり家族で卓球を楽しみました!

シャトルバスはあるのか?

以下、2022年3月現在の情報です。

箱根湯本からホテル向かうバスについて「旅館組合巡回送迎バス」Bコース「早雲通り行き」を使います。
(一人100円)本数が少ないためご注意を。

詳しくはこちらのサイトを参照してください。

帰り(AM中 "朝のお送り")はホテルのシャトルバスが箱根湯本駅まで送ってくれます。(運行時間が決まっています)

「ホテルおくゆもと」はオススメか?

宿泊経験のない宿は不安なものです。

今回宿泊した「ホテルおくゆもと」には、正直、期待していませんでした。

それだけに、到着してからは満足度が高く感じられました。

ホテルおくゆもとのロビーからながめる桜

ロビーからの眺め

特に、ホテルのロビーをはじめとするあらゆる箇所からの桜の眺めは印象的でした。

ホテルおくゆもとの桜ライトアップ

8F展望テラスからの眺め

本文に記載しましたが細かな清掃やメンテナンスについては確かに行きわたっていない部分がありました。これらがピックアップされ、楽天トラベルの口コミ等に投稿されています。

しかし「ホテルおくゆもと」のお客様に喜んでもらおう、という気持ちは館内全体から感じられ、細かなマイナス点を差し引いても満足度が高く、気持ちよく宿泊できる宿でした。

感染症対策など含めて、お客様に安心して、快適に過ごしてもらえるような工夫が随所にありました。細かな点ですが、子ども向けのスリッパ・ランチョンマットデザインがかわいい、夕食時に浴衣の袖が気にならないようにするための「ゆかた袖留め」の提供、レストランでのマスクケースの配布、大浴場でのスリッパ入れ替わりに対する配慮(ビニール袋または番号札で自身のスリッパを管理)など、頑張っているなぁ・・と感じました。

部屋についてもメインで使う場所は想像以上にキレイでした。

また大浴場は広く、露天風呂は景色がよかった。

「山里」での食事も雰囲気を含めて、期待を上回る満足度の高い内容でした。

結果、普段ある程度のランクのホテルに宿泊しておりホテルに完璧さを求める層には受け入れがたい点はありそうですが、リーズナブルな食事付きプランで家族団らんなどを求める層には満足度が高い傾向にあると推察します。(今回、私は後者です)

リーズナブルな箱根宿泊で、カップル・家族・グループでの団らんが目的の方にはオススメです!!

特に、楽天トラベルで行われている「【2021アワード受賞記念】★連続受賞★特別記念プラン★大感謝の5大特典!人気の海鮮しゃぶしゃぶ付」のプランでは、以下の特典が付くため楽しさがアップします。(卓球はやってみると楽しいのでオススメです)

  1. お一人様毎にグラスビール又はグラスワイン付
  2. 女性の方に色浴衣無料貸出し
  3. ご夕食のお鍋に季節の海鮮しゃぶしゃぶ
  4. 卓球30分無料(卓球は会場の都合で出来ない日も御座います)
  5. ロビーのセルフドリンクサービス・・・実際にはだれでも飲めるため特典ではないです。

上記の特典付きプランも一時的なモノだと考えます。
また、ニーズに合わせた食事・宿泊のプランが用意されています。
「ホテルおくゆもと」の宿泊を検討してみてはいかがでしょうか。

ホテルおくゆもと」宿泊プラン一覧@楽天トラベル

-神奈川県

© 2022 おヒマなら美術館に行こう。 Powered by AFFINGER5