「そうだ 美術館、行こう。」美術館、企画展 その周辺情報を紹介しています。Since 2018

おヒマなら美術館に行こう。

大阪府 美術館

堺アルフォンス・ミュシャ館

堺市立文化館 堺アルフォンス・ミュシャ館 は、ミュシャの初期から晩年期にまでわたる作品を展示し、生涯にわたる創作活動を紹介している美術館です。大阪府堺市に位置する堺 アルフォンス・ミュシャ館は、ミュシャの作品を堪能できる素敵な美術館です。

堺アルフォンス・ミュシャ館

堺 アルフォンス・ミュシャ館では、いわゆる「カメラのドイ」の株式会社ドイの創業者である故土居君雄氏(1926-1990)が収集した約500点にのぼるアルフォンス・ミュシャの作品が堺市に寄贈され、それを所蔵しています。コレクションは、ポスターや装飾パネルだけではなく、油彩画や素描、書籍、ブロンズ彫刻、宝飾品など多彩な作品で構成されているとのこと。→こちらを参照願います。これぞ社会貢献!なんとBMWのヒストリックカーコレクションも堺市に寄贈されています。

堺 アルフォンス・ミュシャ館は、グッズショップも充実しており、楽しめるアートスベースでした。

堺 アルフォンス・ミュシャ館の公式ページはこちらです。

堺アルフォンス・ミュシャ館へのアクセス

堺 アルフォンス・ミュシャ館の最寄り駅は、JR堺市駅です。大阪駅からですと、天王寺→堺市で直通の電車で30分程度、乗り換えありで45分程度かかります。(時間帯、乗り継ぎによりますので路線案内をご確認ください)

駅からは徒歩3分です。改札を出て左手の西口を出ます。

堺アルフォンス・ミュシャ館

とりあえず、「イズミヤ」の方向に向かいます。

堺アルフォンス・ミュシャ館

各所に「ミュシャ館こっち」の看板があるので間違うことは少ないと考えます。

堺アルフォンス・ミュシャ館

ベルマージュ堺の中に入ります。

堺アルフォンス・ミュシャ館

ベルマージュ堺の中に入ったら↓この方向に進みます。

堺アルフォンス・ミュシャ館

少し歩くと、堺アルフォンス・ミュシャ館に到着します!

堺アルフォンス・ミュシャ館

コレクションによる企画展について

堺アルフォンス・ミュシャ館では、期間をきって企画展を開催しています。

私が訪問した時期には「ミュシャと新しい芸術 アール・ヌーヴォ ーとミュシャ・スタイル」を開催していました。

堺アルフォンス・ミュシャ館

展示は、4Fを中心におこなわれます。

堺アルフォンス・ミュシャ館

3Fには、一部を除きデジタル複製画が展示されており、他にフォトスポットがあります。3Fで複製画の展示が多いのは、空調の関係によるようです。空調管理ができるショーケース内にはオリジナルが展示されています。

堺アルフォンス・ミュシャ館

注意事項等については、↓こちらの写真を参照方。

堺アルフォンス・ミュシャ館

基本的に許可された箇所以外での写真撮影は禁止です。

展示の中でよかったのは、トラピスティーヌの下絵、クオバディス、四芸術、ウミノフミラーなど非常によかったです。(多くはミュシャ展で見たものとかぶりますが・・)

また、大きく横長の作品「ハーモニー」はグッとくるものがあります。

音声ガイドはありませんが、展示に際して重要な作品について、説明が掲示されていました。

フォトスポットについて

よくよく見るとエレベーターホールなどに展示されているタペストリーなども撮影可能でした。

3Fには、SNSでの拡散を意識してのフォトスポットが用意されています。

堺アルフォンス・ミュシャ館

堺アルフォンス・ミュシャ館

手前にテーブルがあり、スマホ用の三脚、自撮り棒などが用意されています。

ミュシャが描く女性たちのパネルと一緒に撮影ができます。

堺アルフォンス・ミュシャ館

パネルの裏側をのぞくと、作品名の書いた紙が貼り付けられています。仕事が丁寧ですね。

堺アルフォンス・ミュシャ館

 

ショップについて

ミュージアムショップは、ミュシャグッズが充実しています!(ショップ内の写真は許可を得て撮影しています)

堺市立文化館 2階ミュージアムショップでは、アルフォンス・ミュシャの関連グッズ(オリジナルグッズ、関連書籍等)を販売しています。当館所蔵のコレクションを元に独自で開発したオリジナルグッズは、どれもここでしか手に入らないミュシャグッズです。

*堺アルフォンス・ミュシャ館公式サイトから引用

堺アルフォンス・ミュシャ館 グッズ

クリアファイル 432円

堺アルフォンス・ミュシャ館

2018年カレンダー 6月になっていたのでセールで500円!

堺アルフォンス・ミュシャ館

ステンレス製のしおり 1,080円。周囲のレースの装飾が素敵です。

堺アルフォンス・ミュシャ館

マスキングテープは 500円。品切れ多数。

注目は、A3サイズポスター!なんと540円

私が最も欲しい!と思ったのはポスターでした。A3サイズで、540円です。

堺アルフォンス・ミュシャ館

ポスターです。下の絵葉書と比較すればサイズ感がわかるでしょうか。

当然額は価格に含まれませんが、この価格なら気軽に購入して飾って楽しむことができます!

堺アルフォンス・ミュシャ館

ポスターは種類も豊富です。

他にも多数のグッズが取り扱われています。非常に楽しめるミュージアムショップでした。

美術館内のカフェ

堺 アルフォンス・ミュシャ館にカフェは存在しませんでした。

堺アルフォンス・ミュシャ館の感想

インターネットで確認できる範囲での「堺 アルフォンス・ミュシャ館」の入館者数は、平成27年度に 20,832人、平成28年度は約10ヶ月の開館で 11,296人。(こちらの資料による)

平成 29 年に開催された「ミュシャ展」に堺市所蔵のミュシャ作品(38 点)を貸し出しており、その後の「ミュシャ展」効果の影響を知りたいところです。

堺アルフォンス・ミュシャ館

私も「ミュシャ展」を観覧した際に、堺市がミュシャ作品のコレクションを持っていることを知り、今回堺 アルフォンス・ミュシャ館を訪問するきっかけになりました。(「ミュシャ展」ほんとすごかったなぁ・・・)

大混雑のミュシャ展@国立新美術館に行く前に知っておいて欲しい事。これは行くべき展覧会。

堺アルフォンス・ミュシャ館は、入館料500円のハイコスパな美術館(?)です。ミュシャファンは訪れるべきスポットですよ!

機会があれば、また訪れたいです!

  • この記事を書いた人

himabi

趣味で美術館めぐり中です。

-大阪府, 美術館
-

Copyright© おヒマなら美術館に行こう。 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.