「そうだ 美術館、行こう。」美術館、企画展 その周辺情報を紹介しています。Since 2018

おヒマなら美術館に行こう。

情報

岡本太郎の太陽の塔は予約なしで当日入場できるのか!?(入れませんでした)

太陽の塔の内部が観覧できるようになりました。入館料は700円。別途、万博記念公園自然文化園入園料250円が必要なので、950円かかります。完全予約制で、事前にチケットを購入しておく必要があります。予約は土日から埋まってしまうようで、7月末の状況では平日なら10月以降に予約可能です。土日の予約は少し難しいようです。

太陽の塔

やはり予約なしでは入館できませんでした

予約状況からも人気の高さがうかがえる、万博公園の太陽の塔ですが、脳裏を横切るのは「ひょっとして当日空いてれば入れてもらえるでは!?」というかすかな希望です。

実際に足を運んで確かめてみましたが、やはり予約なしでは太陽の塔に入館できませんでした!

太陽の塔

「本日は」の”は”をみると別の日なら予約者以外の入場ができそうな・・。

上の看板から、2m進んだ柱にも「事前予約が必要」という張り紙があります。

太陽の塔

さらに「事前予約が必要」という張り紙があります。

私もダメ元で係りの方に太陽の塔の予約なしでの入館の受付について確認しましたが、受け付けていないとの回答でした。(しつこくてすみません)

公式のページの「よくあるお問い合わせ」にも「予約なしで入館できますか? 入館できません。予約が必須です。」というFAQが用意されているので、まぁ、入館できませんよねぇ・・。

ただし、内部のショップには入れるとの事でしたので行ってきました。(入園料の250円は必要です)

太陽の塔

園内入ってすぐの場所には、ヴィレッジヴァンガード系のショップがありました。太陽の塔グッズが販売されています。

太陽の塔

ちなみに太陽の塔の内部入り口は、↓この位置です(背後から回り込むイメージ)。

太陽の塔

太陽の塔の裏側に、入り口の案内があります。

太陽の塔

案内にしたがって歩いて行くと・・。↓エントランスがありました!

太陽の塔

予約がなくても、この内側には入ることができます(混雑状況によって異なる可能性がありますが・・)

太陽の塔

内部は撮影不可なので、写真はここまでです。

内部には売店があり・・!!

館内の売店とお手洗いは予約なしで入ることができます。

太陽の塔館内の売店では太陽の塔グッズを購入することができます。ただし、販売している商品は外のショップでも購入できるもので、限定品などは用意されていませんでした。

売店の入り口近くには、見学者出口があります。僕が訪問した時には、そこから太陽の塔の内部の一部を見ることができました!感動!(ホント少しだけですよ)

個人的には、太陽の塔の内部の雰囲気をかすかに味わうことができたので、満足でした。

太陽の塔

予約無しでは太陽の塔の内部は見学できませんが、せっかく近くまで行ったのであれば、ぜひ太陽の塔を周囲から見ていきましょう!

太陽の塔

太陽の塔

入場できるまでは、本でも読んで勉強しておきますか!
(館内見学可能になってから出版された新しい本です)

  • この記事を書いた人

himabi

趣味で美術館めぐり中です。

-情報
-

Copyright© おヒマなら美術館に行こう。 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.