「そうだ 美術館、行こう。」美術館、企画展 その周辺情報を紹介しています。Since 2018

おヒマなら美術館に行こう。

情報

一個人(いっこじん) 2018年 09 月号にフェルメール満載。

KKベストセラーズから発行されている雑誌「一個人」の9月号でフェルメールの鑑賞入門が紹介されています。なかなかのページ数、写真も多くわかりやすい内容です。

私は、dマガジンで内容を確認したのですが、なかなかのページ数が割かれており、フェルメール展の前に読んでおくと良いでしょう。

↓わかりにくいですが、斜体文字部分はdマガジンでは読めません。(一部です。ご参考として)

[特集]世界で一番美しい絵画 フェルメール鑑賞入門

2018年秋、フェルメールの名画8点が日本にやってくる! (翌2019年の大阪会場にはもう1点)。第1部では、初来日作品を含む傑作・異色作ぞろいの出展作を完全詳解する他、北方のモナリザ『真珠の耳飾りの少女』から、世界で一番美しい絵画と称えられる『デルフトの眺望』まで、光の魔術師といわれるフェルメール全作品の魅了と謎に迫ります。第2部は、フェルメールと同時代に活躍したレンブラント、ルーベンス、ベラスケスなど17世紀バロックの巨匠たちの傑作の魅力をひも解きます。第3部は、藤田嗣治、ムンクなど2018年下半期、絶対に見逃せない美術展をガイド。チケット(無料招待券)を抽選で120名様にプレゼントします。

[特集]
第1部 世界で一番美しい絵画 フェルメール鑑賞入門

日本の美術展史上、最大の「フェルメール展」がやってくる
今さら聞けないフェルメールのすごさ
意外と知らないフェルメールの生涯とその時代
並べてみるとよく分かるフェルメール大解剖
時空を超えて響き合う二人の天才「フェルメールとプルースト」
女性写真家によるフェルメール全点撮影の旅
観る、持つ、描くフェルメールグッズ

第2部 西洋絵画の黄金時代、その傑作を紐解く

第3部 絶対に見逃せない美術展 2018年下半期

「フェルメール展」ナビゲーター・石原さとみさんがフェルメール愛を語る

--以下略--

「一個人」では、今年の3月号でも「日本の美術館が10倍楽しくなる話。」を特集しています。
こちらも興味深い!

ゴッホもモネもセザンヌも並ばずに見られる!
常設展がスゴイ! !
『日本の美術館が10倍楽しくなる話。』

○アートの特徴がよくわかる! “目からウロコ"なカンタン観賞法
美術鑑賞を楽しむための5つのツボ

各時代の「 表現方法」と「 代表作品」から
歴史の大きな流れをつかむ
世界と日本の美術史がわかるカンタンW年表

○誰もが知る巨匠の作品にまつわる、意外なストーリーをひもとく
日本にある! “世界的名画"鑑賞ガイド

○教養として知っておきたい西洋美術史と様式
西洋絵画の重要作が見られる美術館ベスト10

○個人美術館で辿る
日本人画家5人の生涯

○作品はもちろん、建物も庭も美しい!
空間がアートなスゴイ美術館

○華やかな美術館を陰で支える人々の仕事をクローズアップ!
美術館の“裏側"公開ツアー

○ロダンもルノアールも若冲も…古今東西の名品が見られる!
チケット90名様にプレゼント?
絶対に見逃せない美術展 2018年上半期

○名作を並ばずにゆっくり鑑賞できる
全国の美術館リスト

最近は、このような鑑賞方法がシェアされてきていて楽しいですね。

美術の授業などでもある程度教えてもらっていたと思うのですが(←覚えていない)、興味を持っていない時期だとなかなか頭に入らないですよね。

私は今、↓こちらを読んでいます。

  • この記事を書いた人

himabi

趣味で美術館めぐり中です。

-情報
-,

Copyright© おヒマなら美術館に行こう。 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.