「そうだ 美術館、行こう。」美術館、企画展 その周辺情報を紹介しています。Since 2018

おヒマなら美術館に行こう。

企画展

「富野由悠季の世界」の情報と初日に東京から駆けつけた感想。

福岡市美術館を皮切りに開催されている「富野由悠季の世界」展に行ってきました。初日に東京から駆けつけたので感想や鑑賞のポイント、そして物販情報についてお伝えします!印象としては作品数の都合もあり、ガンダム系7割、その他3割の展示量のイメージ。

僕はファーストガンダムとイデオンファンでした。その後、オタク業を卒業し富野由悠季監督の作品はほとんど追いかけていない状況です。

つまり僕にとっての富野作品の更新は停まっており、知識も薄い人間です。しかし、多感な時期に出会ってしまったが故に僕という人間の大部分を作り上げてしまった富野作品群。「富野由悠季の世界」展開催初日に乗り込むべく東京から福岡に向かいました!

富野由悠季の世界展の看板

あまり先入観は与えたくはないため、内容についての記載は薄めでお届けします。

Contents

「富野由悠季の世界」の感想と概要

ライトな富野ファンの僕でも「富野由悠季の世界」展は楽しめたのでしょうか!?

答えは Yes です。

監督・演出家としての富野由悠季を少年期から現在までについてまとめて展示した企画展でした。展示内容は企画書、キャラクター・メカ・舞台のデザイン、絵コンテ、原画、セル画、背景、映像、玩具、プラモデル。それぞれについてイメージや案、決定稿、修正指示などが展示されています。

富野由悠季の世界展の会場は2Fです。

富野由悠季の世界展の会場は2Fです。

福岡会場 開催概要

名称 富野由悠季の世界
-ガンダム、イデオン、そして今
会期 2019年6月22日(土)〜9月1日(日)

開館時間 午前9時30分~午後5時30分
7・8月の金・土曜日は午後8時まで開館(入館は閉館の30分前まで)
休館日 毎週月曜日(ただし、7月15日と8月12日は開館し翌日休館)
会場 特別展示室
観覧料 一般1,400円(1,200円)、高大生700円(500円)、小中生500円(300円)

会場の特別展示室について

「富野由悠季の世界」展が開催されているのは福岡市美術館の特別展示室です。

右上の塗りつぶしが特別展示室。

特別展示室は正方形と長方形が重なったような形状です。

特別展示室の床面積は1,054㎡。

見学中は迷路のような構成で会場の全体像を把握できませんでしたが、福岡市美術館の資料をみて「こうなっていたのかー!」と唸りました。

本当に自分がどっちを向いているかわからなくなるミラクルワールドが待っています。

とにかく展示物量が猛烈

とにかく物量が凄い。展示されているモノは絵も多いのですが、なにより文字がスゴイ。一字一句全ての文字を黙読し理解するのはむっかしいです。( 無理だと思います)

この物量は「みうらじゅん」さんの企画展、みうらじゅんフェスに近いものを感じました!(って例えでは伝わらないか・・)

みうらじゅんフェス!@川崎に行ってきた。 #みうらじゅんフェス

映像もムッチャ多い!

各所に映像があり、そのトータル時間は90分を優に超えます。(独自調査による)ほとんどの映像が作品からの抜粋で、ファンであれば目新しくないはずです。(面白いことに、例えば富野監督の私生活映像や過去を振り返るようなインタビュー等の映像はゼロです)

「あぁ、映像は全部頭に入っているから・・」ということで映像をスルーしてはいけません。

なぜなら見るべきポイント解説が適宜テキストで表示されるためです。

「うわ!コレあれだ!」のイラスト原画連発。感動。

「富野由悠季の世界」展では大御所クリエーター達のデザイン、イラスト原画、原画、セル画が多数展示されています。
安彦良和
大河原邦男
中村光毅
湖川友謙
塩山紀生
永野護
北爪宏幸
山根公利
いのまたむつみ
安田朗
などなど。

あのレコードの、あの雑誌でみた、あの商品でみた、あのイラストが生で見られます!これ、泣く人続出では。

個人的な興味は安彦良和、湖川友謙、いのまたむつみ、金田伊功。

安彦良和の第1話レイアウトなどなど、たっぷりあります。僕は2015年の「機動戦士ガンダム展」で免疫をつけての見学でしたが、初見の場合泣く人続出だと思います。僕は泣きましたので。(ファーストガンダムのリアルタイム世代は特に涙腺が弱くなっているハズ!)

ガンダム展に行って、感動して涙を流したおっさんの話。

イラスト目線だけでも楽しめる展示です。

特に映像制作に興味を持っているヒトならムッチャ楽しい

圧倒的な物量の展示で、監督・演出家(プラスアルファもあるけど)としての富野由悠季の変化、凄さが描かれた企画展でした。

一番驚き、面白かったのは各種の指示です。詳細は書きませんが、「え⁉︎監督ってここまでやるの!?」「え?富野さんこんな事もやっていたの!?」と驚くばかり。

やはりここまでのこだわりがあり、センスがなければ到達出来ない事なのです。

富野監督が、これまでどれだけこだわって映像作品を創ってきたのか、が見えてくるような展示内容で非常に楽しかったです!

「富野由悠季の世界」初日の混雑状況

開館直後の音声ガイド貸出は、モノが届いたばかり!という様相でかなり並んでいました。音声ガイドで並んで、入場列に並び直しという時間のかかる流れでした。(多くの展覧会では、入場してから音声ガイド貸出なのですが)

富野由悠季の世界展の中年男性の列

入場直後の展示は混雑しがち。混雑している場合には、先に進んで別の展示を見た後に戻って見学するとよいです。入場直後は皆「しっかり見なきゃ!」という気持ちで細かく内容を見て時間がかかり並んで見てしまうのです。大抵の場、後で行くと混雑が解消されています。

トータルで考えた混雑状況は「適度な混雑状況」というイメージです。

空いてはいませんが、展示物が見られなくなるというような状況ではありませんでした。

このあたりは福岡だからなのか、富野監督による講演会にみんなが行ってしまったからなのかはわかりません。また、メディアでのニュース状況によっても変わってきます。情報番組で取り上げられると大変なことになります。

平日は空いている可能性も高いですが、会期のほとんどが夏休み。中高生含めてお客さんが増える可能性があります。

所要時間もかなり長いのでなるべくゆっくり見られる平日をチョイスするのが吉です。

「富野由悠季の世界」のチケット情報

コンビニなどで前売りを購入した場合に、入場時に図柄の入った半券をもらえる展覧会もあるのですが、「富野由悠季の世界」展では特に配慮なしでした。(ここは残念ポイント。何か記念に欲しかったです)

僕は、セブンイレブンの端末で開催前日に前売りチケットを購入しました。特にシステム手数料や発券手数料はかかりませんでした。

富野由悠季の世界の当日券はコンビニでも購入可能

開催中も当日券がコンビニ等で購入出来ます。ただ価格メリットはないのでよほど混雑が予測されないかぎり入り口で購入したほうが半券も記念になるので良いでしょう。

富野由悠季の世界展の当日券売り場

「富野由悠季の世界」の音声ガイド

音声ガイドは600円です。制作は株式会社カセットミュージアム

音声ガイドナビゲーターは、ベルリ(石井マークさん)とアイーダ(嶋村侑さん)。2人の掛け合いが楽しい内容です。ファンの方は楽しめるのではないでしょうか。

富野由悠季の世界展の音声ガイドのパネル

音声ガイドは600円。

 

音声ガイドの端末はKipmi+ SCTT & KAPT IMPACT社製。3.5mmのイヤホンジャックのある端末です。手持ちのヘッドホン、イヤホンに付け替えが可能です。(モノラルです)

富野由悠季の世界展の音声ガイド端末

音声ガイド端末はヘッドホン交換可能。

トラックを聴き終わった後には、次のトラックの先頭で一時停止しており、再生ボタンを押せば次のトラックが再生されるステキな仕様です。(番号の入力の必要がない)

戸惑うのは、液晶表示が消えているときには何かのボタンを押してもアクションが起こらないところ。スリープから起きたら、もう一度ボタンを押す必要があります。

今回、展示での文字数が多すぎるため音声ガイドのガイドは解説補助の役割をなしていません。
(展示されている解説の文字を読まなくても音声ガイドが教えてくれる、会場の解説に書かれていない情報が提供される、というような役割の音声ガイドではない という意味です)

今回の展覧会における音声ガイドは、見学を楽しくするためのトッピング的な役割なのかなぁと感じました。

僕のようにファーストガンダムやイデオンで時代が止まっている方には、ナビゲーターさんが何のキャラを演じているのかわからりません。今回の音声ガイドは不要だと思いました。

ツイートなどを参考にすると現役ファンの方には、かなり楽しめる内容になっているようです)

通常配布される各トラックの説明書きのペラの提供もありませんでした。

所要時間は無限・・?

9時45分に入場し、15時に退場しました。途中トイレ休憩を一回とりましたのでおよそ5時間は会場にいたことになります。

集中して見たのはファーストガンダム、イデオン。Zガンダム、逆襲のシャア、ターンA、Gレコも興味深く見学しました。
途中眺めはしましたが実質スルーした作品もあります。(エルガイムなど)
それで5時間です。

他の方のツイートなどを見ても、もっと観たいけど疲れて出てきたようなイメージ。

例えば、カップルがデートのために来て「あー、これ懐かしいねぇ〜」というように思い出を語るような形で見学するのであればもっと短い時間で済むはずです。

しかし展示の意図を汲んで資料を読み込み、映像も見た場合、1日あっても足りない可能性が高いです。

とにかく朝から会場に入ってじっくり見たほうが良いです。

途中トイレなどであれば再入場できるように手続きすればOKです。ひょっとすると途中抜けて食事も可能かもしれません。

しっかり時間をとって会場に行くようにしましょう。

鑑賞時に注意したいこと

コレだけに1日を費やす気持ちで!

「楽しんでくれとは言いません。かなり面倒くさい出来になっていますので、ごらんになる方は覚悟してみてください」
開会式での富野監督のお言葉が全てを表しています。

文字と絵を何時間も追い続けることになり、ムッチャ疲れます。

ほんと1日を潰すくらいの覚悟が必要です。

解説が含まれた映像もあるのでスルー注意

映像の展示が何ヶ所にもあります。
ともすれば「あ、このシーン知っている」でスルーしがちです。
しかし、いくつかの映像では画面に表示されるコメントと合わせて映像を確認していくと楽しめるモノもあります。(逆襲のシャアの演出など)

イデオンのアイキャチの展示では映像の時間5秒としながら(たしかに何度もアイキャッチが繰り返される)も劇場版イデオンの予告が何本も流れたりします。前売り券の販売についても含まれていてちょっと楽しいです。

その他の情報

ロッカーは無料。大きな荷物も入れられます。

ロッカーはコインリターン式の無料ロッカーが何ヶ所かあります。

極端に大きくないキャスター付きバッグも収納可能なロッカーもあります。海外旅行に行くような大きなタイプは多分入りません。

鉛筆とメモの用意を

会場内では写真撮影、スマホなどの利用ができません。

メモしたい方は、鉛筆と紙の用意をして行きましょう。

会場でも係りの方にお願いすれば鉛筆、メモ用紙を借りられます。

単眼鏡は必要か?

今回、単眼鏡は必要ありませんでした。

展示に対して距離制限がほとんどなく、至近距離まで近づいて鑑賞することができます。(接触注意)

平置き展示の場合、距離が遠くて文字が読みにくい場合もありそうです。視力が弱い場合には、単眼鏡があったほうが安心ではありますが多くの方には不要だと考えます。

写真撮影は不可。フォトスポットあり

展示会場内では撮影不可です。
入り口にダイターン3のフィギュアがあり、そこが唯一のフォトスポットです。

富野由悠季の世界展の唯一のフォトスポット

唯一のフォトスポット

展示リストの配布ありません

「富野由悠季の世界」展では、展示品のリストなどの配布はありませんでした。

もう図録を購入するしかありません。(買いました)

原則再入場不可 ただし・・

会場を出てしまうと、原則再入場はできません。しかし、会場内にはお手洗いがないため、トイレや携帯電話の操作が必要となった場合には、出口から出た後にカウンターに申し出ることで再入場用のチケット(のようなモノ)が渡され、用済み後に再入場することができます。

長丁場になるので途中トイレに行ったり、チケット販売場所のとなりにある給水機で水分補給を行いましょう。

レストランのランチメニューは15:00まで

朝一で入場してお昼を抜きつつ見学。疲れてきた展覧会を後にする。お腹すいたしちょっとリッチに美術館のレストランで食事を・・となるパターンは多いと思います。

ここで注意したいのはレストランのランチタイムメニューが15:00までであるという点。

ランチメニュー

ランチメニューは15:00までです。

ニューオータニ博多が運営するレストランですが、比較的リーズナブルなドリンク付きのランチメニューがあります。これが15時までなので少し注意した方からよいです。

14:59までに入ればよいとは思います。ご参考まで。

オムライスを食べましたが、ムッチャ美味しかったです。

レストランのオムライス

「富野由悠季の世界」物販状況

気になる物販についてです。

物販は入場しなくても購入可能です。

福岡市美術館の2Fの様子

福岡市美術館の2Fの様子

会場限定のガンプラの予約について

展覧会開催記念ガンプラ「MG 1/100 ガンダムF91 Ver.2.0 ORIGINAL PLAN Ver.」

発送してもらう場合には1,500円の送料がかかります(沖縄・北海道の場合は2,500円)。また発送は7月下旬からだそうです。

なお発売日(7/20)以降は発送対応をしないとのこと。

大注目のTシャツ

TシャツはLサイズしかありません。

富野由悠季の世界展の物販の一部。

富野由悠季の世界展の物販の一部。

 

「富野由悠季の世界」グッズ価格について

MG 1/100 ガンダムF91 Ver.2.0 ORIGINAL PLAN Ver. 4,500円(税抜)

絵はがき 17種 150円(税抜)

クリアファイル 2種 450円(税抜)

一筆箋(チケットファイル付)1種 750円(税抜)

マグネット 7種 700円(税抜)

マグカップ 1種 1,500円(税抜)

マルチクロス 2種 700円(税抜)

缶バッチ 8種 400円(税抜)

アクリルキーホルダー 4種 850円(税抜)

トートバック 2種 2,000円(税抜)

Tシャツ 2種 3,500yen(税抜)

アクリルスタンド 1種 1,500円(税抜)

図録は高いが記憶の定着のためにも必要。だが・・

図録は4,000円プラス税で高いです。しかし展示されていた解説類(パネルになっていた文字)はほぼ掲載されている印象。

富野由悠季の世界展の図録

公式図録。分厚い!

ページ数は414ページ。想像より軽かったので持ち帰りも可能なレベル。↓実測したらムッチャ重かったです・・。

富野由悠季の世界展の図録の重量

重さは 1138gでした!

残念ながら図は小さく展示の再現とまではいきません。(展示の流れはほぼ追う事ができます)

このサイズでは解読できず伝わないことが多くあります。

放出される熱量やオーラを感じられるのは実物の展示です。

図録について、ご本人も来られていたのでサイン入りがあったりして・・と期待しましたがそのようなサービスはありませんでした。残念。

サイン会などは開催しないのでしょうか・・。

▼ キネマ旬報 「富野由悠季の世界」 公式図録 楽天市場でも購入可能。送料無料です!(家まで届けてもらえるのは嬉しい!)

富野由悠季の世界 / キネマ旬報

2019年6月22日より2020年にかけて全国6会場を巡回する展覧会『富野由悠季の世界』の公式図録。
展覧会の展示物を収録するのみならず、各美術館の学芸員による解説を豊富に交えた “読める図録” です。
また、この図録のためだけに新規取材を行った、約3万字にもおよぶ富野由悠季監督のロングインタビューも掲載。

富野由悠季の世界@楽天ブックス

富野由悠季の世界@honto

思ったこと

各所で映像が流れていますが、小さいTVモニターが多かったです。またモニター品質も良くなさそう・・。問題なのはセリフがよく聞こえないこと。TVのスピーカーの品質・音量の問題でしょうか。

逆に離れた箇所のTVから気になる音楽やセリフが聞こえてきてしまって展示の見学に集中できなくなったり・・。

映像系の展示は難しいのは良くわかりますが、もう少しなんとかならないかなぁ・・と思いました。

David Bowie is のように入場者全員にヘッドホンを渡してしまうのも良いのかもしれません。

ボウイ展『DAVID BOWIE is』に行ってきました!入場まで1時間。会場内も混雑!行く前に知っておいて欲しい事を伝えます!

初日以外は関係ないと思いますが・・

初日の開場直後で気になったのはメディアの会場内取材が継続されていたこと。内覧会がなかったのでしょうか、鑑賞者がいるなかでのインタビュー、メディア取材として必要もないと思われるほどの写真撮影などが気になりました。小さいとはいえ脚立の持ち込みなど勘弁して・・。(あ、愚痴をついつい書いてしまいました)

お金払って入場しているのだから・・。と思ってしまいました。取材は別途時間を設けるべきとは思いますが何か理由があったのでしょう。

東京・関東開催はないのか⁉︎

もっと話題になって東京開催も決まるといいですね。(東京というよりも川崎市民ミュージアムでやるべき企画展という気もしますね)楽しみにしています!

コレクション展も見よう!

「富野由悠季の世界」展のチケットで福岡市美術館のコレクション展にも入場可能です。1F と 2F の展示が見られます。

特に2Fは大きめでキャッチーな展示も多く、かなり楽しめます。(ウォーホールとか・・)

しかも一部の作品は写真撮影もできます。

「富野由悠季の世界」展の見学でヘトヘトだとは思いますが、すごくよい作品があるので必ずみてください。 ジョゼフ・ラファエル, ラファエル・コランの「海辺にて」が良かった。好きです。

福岡市美術館のコレクション展

福岡市美術館のコレクション展

なによりそれぞれの展示につけられた学芸員さんのコメント・解説が面白いです。軽い気持ちでいいのでぜひ見てください!

東京から福岡まで行くほどなのか?

関東組は静岡会場または富山会場狙い!?

「富野由悠季の世界」展は福岡会場を皮切りに、全国を回る予定です。

会期 会場
2019年6月22日(土)~9月1日(日) 第1会場 福岡市美術館
2019年10月12日(土)~12月22日(日) 第2会場 兵庫県立美術館
2020年1月11日(土)~3月23日(月) 第3会場 島根県立石見美術館
2020年4月~6月 第4会場(予定) 青森県立美術館
2020年7月~9月 第5会場(予定) 富山会場
2020年9月~11月 第6会場(予定) 静岡県立美術館

北海道・東北・関東・中部・近畿・中国・四国・九州沖縄の地域に分けて考えた場合、以下のようなサポート状況です。北海道、関東、四国の予定がありません。

北海道 ×
東北 青森会場
関東 ×
中部 富山会場
近畿 兵庫会場
中国 島根会場
四国 ×
九州沖縄 福岡会場

開催が近く、関東からアクセスしやすいのは兵庫会場でしょうか。来年の夏以降であれば富山、静岡も射程範囲です。

でも早く観たいですよね!

やはり一刻も早く福岡で観たい!と思ったら

関東に住んでいて、やはり一刻も早く福岡で観たい!と思った場合には行くしかありません。出張や帰省、旅行とタイミングが合えばいいのですが、思い切って「行く!」と決めてしまうのも良いでしょう。なんせ見学に時間がかかります。

私の場合、福岡は遠いモノ、飛行機で行くモノと思い込んでいたのでJALのダイナミックパッケージで行きました。飛行機+二泊の宿泊付きで42,000円程度でした。(時期・ホテルにもよります)

その代わり、金曜日の18:00頃羽田発、日曜日の12:00 福岡発です。つまり自由になるのは土曜日だけです。

正直、この価格でも予算的にきつい部分はあるのですが「行ってよかったなぁ・・」と思っています。(機会があれば、兵庫や静岡会場にも足を運びたいほど)

展覧会に行くのに4万円と思ってはダメです。

福岡に行って泊まるのに4万円なのです。

「富野由悠季の世界」展の入場料は1,400円で激安なのです。(意味不明・・)

高速バスの利用であれば、片道10,000円程度でありそうです。(14H程度乗車の必要あり)

大人であれば飛行機がオススメではあります。

「富野由悠季の世界」展のポイント

非常に物量の多い展示でした。ガンダム、イデオン好きにはたまらない空間。

私の場合には、観たことのある作品の方が少ない状況でした。(イデオンあたりで時が止まっています)

今回の展示を見て、ターンエーガンダムとGのレコンギスタの2作品を観てみようと思いました。

で、実際に観てみたのですが、どちらの作品も楽しかった!

正直、内容についてあまり理解できなかった点も多かったのですが、登場人物が魅力的なのが気に入ったポイントでした。

他の地域での開催で今一度訪問して細かい展示を見直したいと思います。

「富野由悠季の世界」展の関連図書

「富野由悠季の世界」展の関連図書です。(物販コーナーでも販売されていました)

富野由悠季 全仕事 (キネマ旬報ムック) 

映像の原則 改訂版 (キネマ旬報ムック)

▼ キネマ旬報 「富野由悠季の世界」 公式図録 楽天市場でも購入可能。送料無料です!(家まで届けてもらえるのは嬉しい!)

富野由悠季の世界 / キネマ旬報

2019年6月22日より2020年にかけて全国6会場を巡回する展覧会『富野由悠季の世界』の公式図録。
展覧会の展示物を収録するのみならず、各美術館の学芸員による解説を豊富に交えた “読める図録” です。
また、この図録のためだけに新規取材を行った、約3万字にもおよぶ富野由悠季監督のロングインタビューも掲載。

富野由悠季の世界@楽天ブックス

富野由悠季の世界@honto

「富野由悠季の世界」展の公式図録を販売しているショップを紹介!ココで購入せよ!

「富野由悠季の世界」展の公式図録は展覧会の会場以外の場所でも購入できます。この公式図録の入手方法、販売場所について紹介し ...

続きを見る

関連情報

過去六本木で開催されたガンダム展に行きました。ここで安彦良和さんの原画については堪能しました。(二回行きました)

ガンダム展に行って、感動して涙を流したおっさんの話。

ガンダム展@東京六本木、再び。そして再び涙。音声ガイドはミライさん推し。

(ああ、ミライさん・・もういないのね・・)

安彦良和 講演会 漫画で描く歴史vol.2~古代から現代まで~ に参加して、サインを頂いてきた!

  • この記事を書いた人

himabi

趣味で美術館めぐり中です。

-企画展

Copyright© おヒマなら美術館に行こう。 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.