企画展

「#ホテルカワシマ」@渋谷パルコに行ってきた感想と行く際の注意点など。

渋谷PARCO8階の「ほぼ日曜日」で開催されている体験型展覧会イベント「#ホテルカワシマ」に行ってきました。訪問したのは9月24日(金)。平日の午前ということもあり渋谷の街自体も穏やかな印象でした。私は 麒麟・川島明さんのファンというわけではありません。twitterなどで楽しそうな雰囲気を感じ、興味を持ったため#ホテルカワシマを訪問しました!所要時間は正味約20分程度ですが、非常に楽しむことが出来ました!

このイベントが気になっている方は是非訪問してください!オススメです!

この記事では「#ホテルカワシマ」を楽しむための事前準備、感想などを紹介していきます!
現地での写真も載せているため、ある意味ネタバレも含まれることになります!!

訪問まで一切ネタバレされたくない!!という方は、ここでこのページをそっとクローズしてください。
(室内写真は、後半に掲載しています)

「#ホテルカワシマ」開催概要

開催概要は以下の通りです。

・日時:2021年9月17日(金)~11月7日(日)11:00~20:00 ※初日9月17日(金)のみ12:30~20:00
・場所:渋谷PARCO8階「ほぼ日曜日」渋谷区宇田川町15-1
・参加方法と価格:「#ホテルカワシマ」の館内には、「客室」と「ロビー」、ふたつのゾーンがございます。
<客室ゾーン>2021年9月10日(金)11時より「#ホテルカワシマ」WEBサイト経由で事前予約をいただくと、すべての客室をお楽しみいただけます。
シングル 800円(税込み):お一人様で体験するプランです。
ツイン 1,200円(税込み)(お一人様600円):2名様用のプランです。
トリプル 1,500円(税込み)(お一人様500円):3名様一組のプランです。
クアッド 1,600円(税込み)(お一人様400円):4名様一組のプランです。
※「#ホテルカワシマ」WEBページの「チェックインからチェックアウトまで」の注意のお願いをご確認の上、お申込みをお願いします。
※未就学児無料 ※車椅子をご利用の方:ご入場いただけますが、構造上、見づらかったり体験することができない展示がございます。また、移動がやや困難な箇所がございます。以上、ご了承くださいませ。なお、介助の方1名さまのチケットは必要ありません。
<ロビーゾーン>入場無料、予約不要。混雑時には整理券発行の可能性もございます。
・企画協力:SLUSH-PILE.

詳細・最新の情報については、ほぼ日のサイトを確認願います。

会場は渋谷PARCOの8Fです。(エレベーターで上がった方がスムーズかも)駅から12分程度。

4つの部屋を約5分間楽しむイベントです。

各部屋には予約したグループで入ります。

一人で予約したら、一人で室内で楽しみます。

知らない人と同室になることはありません。ご安心を。

個人的には、一人で「フフフ」と楽しんだ方が良いかなという気もしますが、グループでも楽しいと思います!

まず、前日までにスマホで予約する

#ホテルカワシマは日時予約制です。30分単位の枠で最大5組分の予約がうけられる模様。土日などは予約が埋まっている場合も多いため、早めに予約しましょう!

チケットは「e+(イープラス)」で予約できます。

ここで「チェックインチケット」を選択してください。
「#ホテルカワシマ」支配人である川島明さんが、顔写真にタグをつけてくれる「特別企画チケット」は終了しています。(残念!)

注意点!

「#ホテルカワシマ」は"スマチケ受取限定"であり、どうやらスマートフォン(に類する端末)でないと申込みができません。
Windows PC では申込みができませんでした。(裏技はなくもないですが、スマホでの予約がよいでしょう)

スマチケは、e+アプリ(無料)を使用した電子チケットです。e+アプリ(最新バージョン)のインストールが必要。公演当日、チケットをダウンロードしたスマートフォンを会場に持っていく必要があります。

予約についてはブラウザなどで予約が可能です。 電子チケットのダウンロード&表示においてはe+アプリが必要です。

空いていれば当日券の販売も。

予約が空いていれば当日券の販売もおこなわれます。ほぼ日の公式twitterで情報をチェックしましょう。

↓一例です。

 

個人的に気になった、チェックイン時に注意したい事

スマホ・お財布以外はフロントに預けます

スマートフォンとお財布以外は預けることになります。
(知っておけばフロントで「へ?」とならないので書いておきます)
希望者には透明のビニールバッグが貸し出され、お財布、スマホを持ち歩くことができます。

フロントで渡された番号札がかわいい。

触れる展示&室内ではゲストの方だけの密室です。(監視カメラがあるのかは確認できていません)
この荷物を預けるのは、展示物を持って帰ったりされないための対策も含まれているのですね・・。

グッズは先に購入したほうが良いかも

ホテルにステイしている間に狙っていたグッズが品切れになる可能性があります。
欲しいグッズがあれば先に購入しておくのが吉です。

大きめのビニール手袋は自分で用意していった方がいいかも

フロントでのチェックイン時に、ビニール手袋が渡されます。
この手袋がワンサイズで、男性など手が大きめの方にはキツキツのフィット感になる場合があります(笑)。

私はムチャクチャきつくて、ハメられなくて泣きそうになりました。

手の大きめの方はLサイズを自前で用意した方がよいかもしれません。

*自前の手袋の利用可否はフロントにてご確認願います。

チェックインは5分前に

早めに行っても良い事がないので、チェックインは5分前で十分です。

"ロビー"といってもホテルのロビーを想像してはいけない

このイベントでは客室とロビーとで館内が構成されています。

"ロビー"と聴くとくつろげそうなホテルのロビーを想像してしまいがちですが、物販コーナーとフォトスポットという構成です。

私は正直に広ーいスペースを想像して行ったのですが、こぢんまりとした空間でした。

以下、写真ありで紹介します。ご注意ください!

「#ホテルカワシマ」の紹介

「#ホテルカワシマ」のフロント、ロビー、グッズについて紹介します。

ホテル入り口・フロントはこのようなイメージです。

奥に見えるのがフロントです。

「#ホテルカワシマ」のロビー

ホテルのロビーが↓こちら。ロビーは無料で楽しめます。

「#ホテルカワシマ」のロビー

ロビーらしくソファーがあります。

↓写真中央のフォトスポットではタグを好きなものに変えて撮影が可能です。

↓ グッズコーナー

「#ホテルカワシマ」の物販コーナー

販売されているグッズ

販売されているグッズは以下のような内容です。

#ホテルカワシマ ドアノブサイン(全4種・各660円)

#ホテルカワシマ ドアノブサイン

#ホテルカワシマ ホテルキー(全4種・各880円)

#ホテルカワシマ ホテルキー

これはちょっと欲しいぞ!

#ホテルカワシマ 歯ブラシ(全2種・各495円)

#ホテルカワシマ 歯ブラシ

#ホテルカワシマ Tシャツ(3,300円)

#ホテルカワシマ トート(1,650円)

グッズはほぼ日の通販でも購入可能になるようです!

以下、室内の雰囲気・気になった箇所を写真で紹介します。ネタバレにご注意ください!

「#ホテルカワシマ」室内の紹介(ネタバレ注意!)

「#ホテルカワシマ」の客室内を紹介します。なるべくネタバレしないように・・と配慮していますが、部屋の雰囲気や構成がネタなのかも。

このような部屋のドアを自分であけて中に入っていきます!

以下、ネタバレです!(というほどバラしていませんが) 室内画像はクリックすれば表示します。

部屋は4部屋あります。それぞれの部屋に1グループずつ入って楽しみます。1部屋で5分ほど滞在ができます。

#ホテルカワシマ 801号室

#ホテルカワシマ 801号室の室内画像はこちら。(一部モザイク処理)

初っ端から楽しかった~!

#ホテルカワシマ 802号室

#ホテルカワシマ 802号室の室内画像はこちら

いや、これはおもろかった~。

この部屋は結構時間がタイトなのでご注意を。

メッセージを聴くには #ボタンを押すところが、何となくジワジワ来ますね。

#ホテルカワシマ 803号室

#ホテルカワシマ 803号室の室内画像はこちら

いろいろとニヤニヤしちゃいますね。

#ホテルカワシマ 804号室

ここは入った瞬間に香りをかいで「こう来たか!」という展開でした。

#ホテルカワシマ 804号室の室内画像はこちら

ファンの方にはたまらない内容なのかもしれませんね。すべての文字を読み切るには時間が足りないでしょう!

「#ホテルカワシマ」感想

比較的こぢんまりとしたイベントでした。コロナ禍において、ちょうどよいイベントだったように思います。

ここで記念撮影する方もおられました。

私のような、特にファンでなくても大変楽しむことができました。

まず、801号室で机の引き出しを開けた瞬間に笑いました。(開ける前に予想はしていたのに!)

802号室では、受話器から聞こえるメッセージを聴くだけなのですが「フフフ」と笑ってしまいました。(次のヒトも「フフフ」と笑っていました!)

803号室では、入室の時にすでにあふれ出ていたボールを拾って元に戻すべきか悩みました。

個人的には↓この石鹸が好きでした。

個人的には #大御所俳優の香り がツボでした。(大御所俳優さんにお会いしたことは無いのですが)

804号室は入室した瞬間に畳の香りがする部屋だったこと自体に笑いました。

靴を脱ぐ必要があるので、脱ぎやすい靴で行くのがオススメ。靴ベラも用意されています!

804号室では、どうしても忘れものが発生するようで、フロントで渡された紙が畳の上に置いてありました。それすらネタかも!と思ったり・・・。

目薬、いいですね!

川島さんのファンの方ならもっともっと楽しめるのだろうなぁ~。(うらやましいです!)

このイベント、気になった方は早めに足を運ぶと良いでしょう!

↓ ちなみに広島にリアルに存在する「ホテル川島」はこちら。(#ホテルカワシマ の影響で結構検索されているのでは!?)

 

  • この記事を書いた人

himabi

趣味で美術館めぐり中です。

-企画展

© 2021 おヒマなら美術館に行こう。 Powered by AFFINGER5